for beginner

寺院との付き合い方

檀家制度とは

檀家制度とは

檀家制度はもともと江戸時代初期の寺請制度にまで遡りますが、現代では寺院にお墓を有し、供養や法要を行ってもらっている家のことを指します。
まだ檀家になっていない家が、手続きをして寺院の檀家になることを「入檀」といいます。
一般的には寺院に10~30万円ほどの入檀料を支払い、檀家契約書や墓地契約書を提出します。

檀家になるメリット

檀家になるメリット

檀家は菩提寺(先祖代々のお墓を有する寺院)にお布施を納める代わりに、ご先祖様や故人の手厚い供養を受けることができます。
お墓も寺院の境内に立てることができ、管理をお願いすることも可能です。
最近では、遠方に住んでいるため頻繁にお墓参りに行けないというご家族も多いですが、お墓を綺麗に保守管理してもらえるのは大きな魅力の一つです。
なかなか一般の方には馴染みのない葬儀や法要に関しても、菩提寺に相談に乗ってもらえます。
専門知識が必要な時や、突然の身内の不幸の時などでも、いつでも相談できる住職がいることで安心です。

寺院との付き合い方

寺院との付き合い方

寺院やお坊さんと聞くと、堅苦しく近寄りがたいイメージを抱く方もいらっしゃるかもしれません。
かつては檀家の金銭的負担が大きく、菩提寺へ拒むことがなかなか難しいという現実がありました。
しかし、現代では檀家の無理のない範囲でお布施を包むことが推奨され、葬儀や法要にかかる費用を具体的に提示する菩提寺も増えつつあります。
できる範囲で檀家として協力する姿勢を持ち、代々に渡って供養をしてくれる菩提寺と信頼関係を築くことが大切です。